2019.1.17
【田園調布駅】周辺を現地調査

まるで公園の中に駅があるような美しい高級住宅街

 

大田区屈指のブランド街、田園調布。お屋敷街といえば、田園調布という時代もありました。

 

渋沢栄一が開発したことが有名で、街全体が公園の中に存在するようなイメージで設計されているため、駅舎、街路、並木はここにしかない雰囲気があります。

 

 

 

 

住宅街を歩いていると屏では無く生垣を活用した邸宅が多く、緑の豊かさを十分に感じることができます。

 

低層住居専用地域のため、背の高い建物が無く空が広く開放的です。

 

町内会の決まりで街の雰囲気にそぐわない建物を建てられないことになっており、狭小住宅が無く、一つひとつの敷地が手広くハッキリしているのも特徴です。

 

 

 

 

赤い駅舎は平成12年の地下化に伴い、取り壊されて復元されたものです。春になると美しい桜で彩られます。

 

駅が大変清潔に保たれている印象で、枯れ葉等をお掃除している人は見かけても、ゴミを不法に投棄する人を見ることは殆どありません。

 

街を綺麗にしようとする意識が高い人が集まった街と言えます。

 

 

 

 

老舗が点在、スーパーは少なく物足りない印象

 

商店街は古くからある和菓子屋さん、佃煮屋さん、呉服屋がある中、新しいお洒落なレストラン、カフェなども混在しております。

 

駅前には唯一のスーパーである「プレッセ」があります。営業時間【9:00〜22:00】で夜は比較的早く終わってしまいます。

 

 

 

 

他には生鮮食品店など多くはありません。お買い物は少々物足りなさを感じると言わざるを得ない印象です。

 

幼児教育の個人塾などの看板が目につきます。

 

ショッピングモールの「東急スクエア・ガーデン」があります。期待を胸に店内に入りましたが、意外に地味なライフナップのテナントでした。アパレル、カフェ、ドラッグストア、書店が入っています。

 

 

 

 

家賃相場

 

賃貸の供給数は東急東横線沿線の中では少なめで、他駅と比較すると3分の1ほどになります。

 

単身者向けのマンション、アパートが約半数となり、築年数が30年から40年と築古のものが目立ち、家賃は6万円台で借りることができます。

 

想像以上にリーズナブルな家賃相場となっております。

 

ファミリータイプは一人暮らしの家賃相場とは築浅物件の供給数もありますので、2LDKで18万円前後の家賃相場となります。

 

例外的に田園調布周辺には家賃100万円を超える大邸宅もあります。

 

 

幼稚園・小学校

 

田園調布駅周辺には「田園調布幼稚園」と「ルーテル幼稚園」があります。どちらもキリスト教を土台とした教育を行っています。

 

小学校は人気の「田園調布小学校」と私立では皇后の雅子さまの出身校でもある「田園調布雙葉小学校」があります。

 

 

治安の良い、綺麗で落ち着いた街

 

駅前にはパチンコ屋さん、風俗店は一切無く、夜はとても静かな街です。

 

玉川田園調布防犯パトロール隊が毎日ボランティアで見回りをしてくれているようです。街も大変綺麗で清潔感が保たれております。

 

 

 

 

駅前に交番が1件あります。ただし、高級住宅街ということもあって、少ない可能性ではありますが、空き巣に入られることもあるようなのでセキュリティ面で注意も必要です。  

 

 

 

 

電車・バスのアクセス

 

東急東横線と東急目黒線の急行停車駅となり、都心と横浜方面へのアクセスが良好です。

 

「渋谷」「池袋」「横浜」といった主要駅へ乗り換え無しで行けます。急行や特急は朝7時30分前後が最も混雑率の高いデータがございます。各駅停車は比較的空いております。

 

バス便は東急バスがご利用頂けます。渋谷駅方面もございますので、都心へもアクセス可能です。蒲田駅方面のバスもあります。1時間に4〜5本走っておりますので本数も安心です。

 

 

 

 

高低差のある地形

 

駅を挟んで西側の地盤の強固な高台エリアを住居専用にして、東側に商店街と明確に区別しております。

 

地盤は固く強固な土地です。国土交通省が発表しているハザードマップで確認しても一部を除き安心のエリアが多いです。

 

ただし、田園調布に居を構える上で、注目すべきポイントは駅から多摩川方面に向かうと急な高低差があることです。

 

一般的に高級住宅と呼ばれる街には多いのですが、アップダウンが激しい起伏に富んだ地形であることは事前に確認しておくことが重要です。

 

 

購入相場

 

自宅購入となると一戸建てですと、駅前は土地代だけで億単位のお金が必要になるかと思います。

 

もしくは1億円以下でマンションにするかの選択となりそうです。供給数は残念ながら、土地が非常に限られた区画であるため数が多いわけではありません。

 

駅から歩いて10分前後と少し離れた田園調布1丁目や5丁目になると供給数はやや増加して、価格もまちまちです。

 

最寄り駅は田園調布というより東急東横線多摩川、東急池上線雪が谷大塚となる物件もあります。

 

東急東横線沿線の武蔵小杉から渋谷間でみると、多摩川が一番相場が安く、田園調布は意外にもそれに次ぐ状況となっています。

 

これはマンションは利便性が重視される傾向がありますので、自由が丘、学芸大学などに比べると田園調布は控えめな価格設定とされているのだと思います。

 

 

土地・地価

 

田園調布の地価は、公示地価の平均が71万3555円/㎡で、坪単価は235万8861円/坪となります(2019年)

 

田園調布の最も高い地価地点は「大田区田園調布3丁目23−15」で108万0000円/㎡で、最も低い地価地点は「大田区田園調布5丁目53−15」で42万1000円/㎡となっております。

 

田園調布の相続税評価額は路線価ベースになり、公示地価の8割が目安となります。

 

 

宝来公園

 

宝来公園が駅近隣にございます。丘の中にあるので園内は高低差が激しいです。

 

池には水鳥が優雅に泳いでいて心癒やされました。お母さんと一緒に小さなお子さまも遊びにきていました。

 

 

TOP